About ”しごとポケット”

しごとポケットを見てみよう!


ミアキスの入ってすぐ左手にある「しごとポケット」。

みなさんは手にとって読んでみたことがありますか??

 

今日はしごとポケットができるまでのストーリーと、そこに込められた想いについて。

 

↑ミアキス内でもこのように掲示で紹介していますが、もっと詳しくお伝えしたいと思います。

 

 

そもそも「しごとポケット」って何?


  

↑内容は画像の通り。現在やっているしごとについて、様々なことが書かれています。

 

表紙のわたしのしごとを一言で言うと本人に考えてもらった言葉。

どんなことをしてるの?は、働いてみないとわからない詳しいしごと内容について。

例えば、「公務員」とよく聞くけれど、公務員って実際にどんなしごとをしているのか、わかりにくいですよね。担当課によっても違うし、裏方のしごともたくさんあるでしょう。

 「どうやってなったの?は、そのしごとに就くまでのストーリー。何科に進学すればその職業に就けるのか、必要な資格はあるのか、どういう考えや歴史があって今のしごとをするに至ったのか。

そして、大切にしていることは?は、普段から心がけていることや大切にしている想いの部分について書かれています。同じ職業でも持っている想いは人それぞれ。インターネットで職業について検索しても情報が得られない、大切な部分を知ることができます。

裏表紙の「Information」では、中高生にその人を身近に感じてもらうため、しごと以外の趣味や特技などのプチ情報を載せています。大人もしごとばかりが人生ではありません。自分との共通点新たな発見があるかもしれません。

その下の「中高生へのメッセージ」は、昔は自分も中高生だった大人からのリアルなメッセージ。中高生のうちにやっておくといいこと、大切にすべきことなど、大人から中高生に向けた熱いメッセージが書かれています。

 

 

誰が考えたの?


しごとポケットの発案者は東京元美容師のお兄さん!

お話を聞かせてくれた竹内さんは、就職活動の時期になり友だちが様々な職業に就くのを見て初めて、世の中には色々なしごとがあることを知ったそうです。それを子どもたちに伝えたる方法はないかと考え、しごとポケットを編み出したそうです。

普段はそれぞれバラバラにwebデザイン等のしごとをしているメンバーが、ダブルワークで活動しています。あえてNPO化などはせず、「働きながらこんなこともできるんだ」という新しい働き方のモデルに自分たちもなりたいとお話しされていました。

↑しごとポケットが設置されている世田谷ものづくり学校での打ち合わせ。

実はしごとポケットはミアキス以外にも設置されているのです!

どこかで見つけたらテンションあがりますよね。笑

 

ミアキスと同じ想いを持った素晴らしい取り組みだなと思うので、全国に広がっていってほしいです。

詳細→ www.shigotopocket.com/

 

 

Miacisのしごとポケット


ミアキスにあるしごとポケットは、すべてスタッフが取材し記事を書いています

インタビュー(2時間程度)→書き起こし→記事をまとめる→本人にチェックしてもらう→修正→プリント→切る→折る→完成!という、なかなか手が込んだ作業になります。

 

取材させていただく人はスタッフが紹介したいと思った人。

 

幅広い職種を伝えられるように意識しています。

 

まだまだ取材したい方はいっぱいいるのですが、なかなか追いつかず。。。

徐々に増え続けていくので、楽しみにしていてください!

 


 

みんなの視野や選択肢が広がりますように」という想いがたくさん詰まったしごとポケット。

記事はTake Freeになっているので、ミアキスで、お家で、ゆっくり読んでみてください。