「今日来てくれたのは、ツルハシブックスの西田さん。」

こんにちは。施設長の西田です。初投稿!

今日は、新潟で「ツルハシブックス」と東京の下町で「暗やみ本屋 ハックツ」という古本屋をやりながら普段は茨城にて大学講師をしている西田卓司さんが来てくれたのでちょこっと紹介を。(西田という苗字になかなか出会わないのでなんだかそれだけで嬉しい)

暗やみ本屋ハックツとは、地域の大人から寄贈された「10代のうちに読んでおきたい!」本を19歳以下の若者だけが手に入れることができる古本屋です。ハックツでは、これから大人になる若者たちの生き方を広げる「場所」と「機会」の提供を行っていきます。(http://www.hakkutsu.info/

 

西田さんは自身の経験から

もしかしたら子どもにとって、たくさんの大人と時間を共有することが大切なのではないだろうか。
家庭や学校など限られたコミュニティとは別に、いろんなタイプの大人と出会う場が子どもには必要ではないだろうか。

と考え、これまで地域とこどもたちが繋がれるような仕掛けを施した古本屋などを演出してきたそうです。

今は大学の授業や学食の舞台演出(コーディネート)なども手掛けているそうで面白い、興味深い話がたくさんでした。すでにいくつかアイディアももらったので、これからMiacisで展開されていくかもしれません。

image_5991fee

西田さん以外にも

『学校で教わることだけがすべてじゃない。』

そう思って活動をしている人ってほんとうにたくさんいます。

そいった人たちと今後もっともっと繋がって、情報交換してより良いものがお互いに生まれるような。

そんな取り組みを行っていきたいなと改めて思いました。

これからもちょいちょいそういった社会教育の取り組みを紹介していくので

そんな活動や人の情報ありましたらぜひ。